厳選記事

  • 闘うトップ2014年6月号

    ネットショップ支援サービスで宮崎に1,000人の雇用を生み出したい(株式会社アラタナ・社長 濵渦伸次氏)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットショップの構築から運営、コンサルティングまで、EC(電子商取引)に関するサービスをワンストップで提供するアラタナ。
創業者の濵渦伸次社長は、過去、事業に失敗した経験に学び、故郷・宮崎で1,000人の雇用を創出することを目標に掲げる。
「会わない営業」に努めるなど、濵渦社長がユニークな経営のねらいと夢を語る。


国内最大手のサイバーモール(電子商店街)である「楽天市場」には、約4万2,000店舗が出店している(2013年末時点)。そのうち、約3,000店舗がアラタナの提供するアプリケーション「スケッチページ」を活用して、店舗づくりを行なっているという。

スケッチページは商品画像の編集・レイアウトやバナー作成などを行なうソフトで、ライセンスを購入し、サイトからダウンロードすれば、簡単なマウス操作でページ作成が可能。その手軽さが評判となり、個人や小規模業者を中心に利用者が増えている。

一方、同社にとってのもう1つの主力事業が「カゴラボ」。ネットショップの構築から運営、集客支援・在庫管理に関するコンサルティングまで、EC(電子商取引)に関するサービスをワンストップで提供する。

従来、ネットショップの出店者がオリジナルのサイトを制作する場合、業務を委託するならウェブ制作会社やサーバー保守業者、SEO対策やセキュリティのコンサルタントなど、それぞれの分野に特化した専門家に、個別に依頼しなければならなかった。しかし、同社ではそれらを一体化したプラットフォームとして提供することで、出店者の煩雑(はんざつ)な手間を解消。サイトの改良や機能拡張も容易になり、顧客の支持を集めた。

同社は、濵渦伸次社長が学生時代の同級生と2007年に創業。これまで、同社のネットショップ支援サービスを導入した顧客は3,000社を超える。

               ◇ ◇ ◇

「誰にでも簡単にネットショップがつくれるようなサービスがあれば、便利だろうな」という素朴な発想が、創業の原点でした。

起業する前、地元のアパレルショップでアルバイトをしていたとき、ちょうどネット通販を始めることになって、その担当者になったんです。スタッフも資金も決して潤沢(じゅんたく)とは言えませんから、サイトの立ち上げからお客様への対応、商品の発送まで、ほとんど1人でやらなければいけない。商品を魅力的に見せる撮影方法を工夫したり、SEO対策を勉強したり、必死でした。



≪ 関連書籍 ≫

『実践 経営実学 大全』
(株)名南経営コンサルティング
定価 6,264円
(本体 5,800円+税)
関連書籍
  • 社員を幸せにしたい 社長の教科書
  • 言いわけばかりで動けない君に贈る33のエール
  • 「売らない」から売れる!どこにでも売っている商品を「ここにしかない」に変える5つの法則
  • ランチェスター戦略「小さなNo1」企業
  • 安部龍太郎「英雄」を歩く
このページのトップへ