バックナンバー

2014年6月号 No.57
  • Fujisan.co.jp
  • お問い合わせ

2014年6月号 No.57

智者は前轍を踏まず!

失敗こそ成功の糧

特集

失敗や挫折をまったく経験することなく、会社を成長させ続けたという経営者はまずいないだろう。むしろ成功経営者ほどチャレンジングであり、それゆえに失敗もある。その失敗を失敗のままで終わらせず、糧にしているのである。自ら招いた失敗の責めを受け止めて、経営者としてのスキルを向上させ、自身の“器” を拡げる機会としたトップが、苦闘のさなかで得た学びを振り返る。

手記

過去に経験した唯一の赤字に社員との対話の大切さを知る

徳武産業社長 十河孝男

事例1

社員との溝が生んだ幹部の離反を猛省、働き甲斐のある職場づくりに取り組む

ノア・インドアステージ社長 大西雅之

事例2

M&Aで招いた分裂の危機のなかベクトル重視の経営に舵を切る

ニットー社長 藤沢秀行

事例3

連鎖倒産も覚悟した危機を経て「農家を支援する」原点に立ち返る

エムスクエア・ラボ社長 加藤百合子

闘うトップ

ネットショップ支援サービスで宮崎に1000人の雇用を生み出したい

アラタナ社長 濵渦伸次

ネットショップの構築から運営、コンサルティングまで、EC(電子商取引)に関するサービスをワンストップで提供するアラタナ。創業者の濵渦伸次社長は、過去、事業に失敗した経験に学び、故郷・宮崎で1000 人の雇用を創出することを目標に掲げる。「会わない営業」に努めるなど、濵渦社長がユニークな経営のねらいと夢を語る。

千房社長・中井政嗣の相談室 悩んだらあきません!

《Q なぜ元受刑者を雇用するのか》

この人に訊く

社員一人ひとりの「情熱」を、世界を変えるビジネスにつなげたい

リバネス社長 丸 幸弘

社員全員が博士号、修士号をもつ異色の研究者集団「リバネス」。同社を率いる丸まる幸弘氏は、自らが考え出したイノベーションを起こすしくみ、「QPMIサイクル」をベースに、提携する企業を巻き込みながら、新しい事業を次々に成功させている。独創的な発想の源泉は、どこにあるのかを訊いた。

エイチ・アイ・エス代表・澤田秀雄の経営譚 すべては旅が教えてくれた

ニッチトップ戦略で、急成長を遂げた

名経営者再訪!

出光興産創業者 出光佐三

本誌(前身『経営者会報』)創刊から55年にわたり掲載してきた経営者たちの貴重な声。それらはいま読み返しても色褪せていない。その中から「次世代に伝えたい」記事を再掲するシリーズ。今回は、出光興産創業者・出光佐三氏の経営観である。

  • 経営事例

    <福永雅文の 一点突破の経営>
    晴れた日に傘を売るビジネスで、国内ナンバーワンメーカーに
    シューズセレクション社長 林 秀信

    <中村智彦の 日本一訪ねたい工場>
    顧客の設計思想を汲み取る設計力と「一貫生産体制」で日本の製造業を支える
    川端鐵工社長 川端康夫

    <ビジョナリー・リーダー>
    経済ジャーナリスト 高井尚之
    培ってきた「タテアミ」技術を軸に繊維の未来にチャレンジする
    福井経編興社長 野坂鐵郎

    <キラリと光る スモールカンパニー>
    人工心臓から視覚障害者用筆ペンまで、「世の中にないもの」をつくり出す
    安久工機社長 田中 隆

  • 営業・マーケティング

    <社長のための儲かる視点>
    マーケティング・トルネード代表 佐藤昌弘
    コバンザメ商法はメリットがいっぱい

    <ニッポン発世界企業>
    氷温熟成技術の活用で「どらやき」を世界15か国へ輸出
    丸京製菓社長 鷲見浩生

    <これがわが社のヒット&ロングセラー>
    「Wall Storyウォールストーリー」(東洋ケース/京都市右京区)

  • 自己啓発

    <久米繊維工業会長・久米信行の東奔西走日記 墨田とTシャツと私>
    久米繊維工業会長・久米信行

    <己を活かす、禅で活かす>
    作家 武田鏡村

  • 経営実務

    <社員も納得、業績もアップする “会社に有利なルール”はこうしてつくる>
    特定社会保険労務士 井寄奈美

    <税務TOPICS>
    税理士 今村 仁

  • シリーズ・連載

    <事業承継の王道>
    名南経営コンサルティング取締役 亀井英孝

関連書籍
  • 社員を幸せにしたい 社長の教科書
  • 言いわけばかりで動けない君に贈る33のエール
  • 「売らない」から売れる!どこにでも売っている商品を「ここにしかない」に変える5つの法則
  • ランチェスター戦略「小さなNo1」企業
  • 安部龍太郎「英雄」を歩く
このページのトップへ